カテゴリー別アーカイブ: 北浦町

背に腹はかえられぬ

さぁ~、二回目の出張です「きたうら海幸御膳」をまだまだ売り出すぞ~(^^)/

image

出張行くのはいいちゃけど店をまる二日間よくうて行くき赤字です…イタいッス(^-^;)
まっ、しょうがねぇ~、自分どんが始めたこっちゃき( ̄。 ̄;)

image

品が良いのぼりをこさえてもらいましたヾ(≧∇≦)
北浦らしく大漁旗風に!

鍋さん(臨港の鍋田さん二つ上の先輩)と高校の頃から言うてきた事が少しずつ形になってきよるかなぁ~(^_^)

「親父どんは隣近所で争いよるき、俺どんの代になったらお店同士、仲良くして県外と戦っていこうや」と。

image

少しじゃけど形になってきたのは自分達を後押ししてくれる人がいたから出来た事で、仕事に対する考え方が一緒じゃと職種は違えども自然とそういう人達が集まるんで楽しいッス!
偶然では無く必然です。

image

この前も食に携わる数名のメンバーと自分達の将来について語り合いました。

目標は見えたけど近道が出来ない、むしろ遠回りになるじゃろうという事…
じゃけんど、言い続ける事と行動する事が大事かな。

image

結局、何が言いたいのかと申しますと…

出張って大変よね♪

ケツメイシ
オレの道 オマエの道

きたうら海幸御膳(ウミサチゴゼン)

料理評論家 山本益博さんと。
山本さんに「林さんちの魚寿司」大好評でした(^_^)

image

山本さん達の食事が終わり、挨拶に行くと
(山本さん)アナタどこで勉強したの?
(自分)関西です
(山)何で関西なの?
(自分)はい?理由ですか?理由は…あまり大したことじゃないんですけど…
学生の頃、修学旅行で京都に行った時に女子高生の京都弁がもの凄く可愛くて、就職するのは絶対に関西じゃ!とその時決めました。

山本さん爆笑( ̄。 ̄;)

一緒に来られてた人達からは、「そんな理由で~(o゜▽゜)o 料理関係ないじゃん(+_+)」とか言われたんですが山本さんは違たです。

(山)アナタ純粋な理由だねぇ~

と…粋な返しに何も言えませんでした(◎-◎;)

確かに今でも、良いか悪いかしか考えれん男です、これからもそうですが。
そもそも駆け引きなんかする頭が無い!いや、頭はある!飾りで…

話変わりまして「きたうら海幸御膳」が五月~八月まであります、ほんで九月~十一月は「東九州伊勢えび海道」を宜しくお願い致します。

image

5~6年前から地道にやってきたかいあってか、チャンスをいただきました。「きたうら海幸御膳」の関係者の皆様には感謝しております。

これからも北浦町が大好き過ぎる変態な僕らを温かく見守って下さい<(_ _)>

1人はみんなの為に、みんなはみんなの為に。

まだ、やりてーこつがあばかんきワクワクするなぁ~

麹屋女将・浅利妙峰

世界でご活躍されてる方が髙平屋にご来店されました。

image

image

大分県佐伯市で江戸時代から300年以上続く老舗麹屋の女将、浅利妙峰さんです(^_^)
いなりかん、お見えになったんでビツクリです(゚Д゚;)
大分県のあるお方から「シンチャンに会わしてぇー、人がおるんよー」っと前々から聞いちょりましたが…
本当は麹屋女将の息子さんと場を設けて一献交わす予定じゃったんですが(ノ^^)ノまさかの女将登場です!
ウチのスタッフもビツクリ( ̄∇ ̄)

image

女将さん、すげぇー気さくな方じゃったです、自分とツーショットの時は女将さんから腰に手を回されたんで少しドキドキしちょりましたぁ~(^◇^;)

《プロフェッショナル仕事の流儀》より
麹屋女将・浅利妙峰

一人勝ちに、未来はない。

浅利は今、各地のこうじ屋に足を運び、これからの「こうじ屋」のあり方をともに考えようとしている。ブームを一過性で終わらせず長く定着させるには、浅利の店だけが一人勝ちするのではなく全国のこうじ屋全体が良くなることが 必要だと考えるからだ。店先で料理講習会を無料で開いたり、客を呼ぶ工夫を伝えたり、そして何より自信をなくしている仲間たちが前向きになれるよう共 に考え、励ます…

image

女将さんと自分らじゃ規模が違うちゃけんど…北浦にも当てはまるじゃろなぁ~
今でもよく、臨港の鍋田の兄貴と話しするちゃーけんど、俺どんが小さい頃は北浦で商売は成り立っちょったけど、北浦も段々人口が減りよるき、これからは他県からお客さんを呼び込んで魅力ある町づくりをやっていかんとダメじゃっちゃねーかと…(T^T)昨晩もこんげな話ししたっちゃけど(^_^)
いまは北浦の飲食店がまとまって「よどんめし」をやっちょります、去年からやり始めた企画じゃけど、実は10年前から鍋田の兄貴と話しちょった企画です(実行までに時間かかりすぎかぇ?^_^; )
北浦の飲食店で一つにまとまりてぇ~ねぇって(^_^)ゞ
まだ北浦町内の飲食店がガッチリスクラム組むには時間かかるけど、石橋をたたきながら進んで行きてーな。(石橋をたたきながら進むって言葉あるとかな?)
まだまだ、やりてぇーこつがおいーわい!(^^)!

image

初心を忘れずに、突っ走っていくぜぇ~(*^^*)北浦を盛り上げマンセェ~

image

自分らがやっちょるこつは北浦の中でチッポケかんしらんけど、信念を持ってやれば花は開くじゃろ~!

image

入手、祝子農園松田さんの米粉。何こさえようかな…
ちゅうか松田さんとユックリお話しがしてーなぁ(^^)
今度、松田さんとこにパジャマしよ!
いや、オジャマしよう。

東九州伊勢えび海道・大漁祈願祭

東九州伊勢えび海道の十一回目の大漁祈願祭です!

image

西の浦(大分)早吸日女神社です。
この前ここに来たばかりじゃとに、もう来ました!
一年ってはえーなぁ~
年をとるはずじゃわ(゚Д゚;)
ほんで 髙平屋も10月で一年目を迎える…
あまり開店の時と変わっちょらん気がする…
じゃけど慌てずじっくり 髙平屋を育てて行こう!
慌てない慌てない、一休み一休み…
いっきゅーさぁ~ん
こんげなこつ言うちょったら親父から「ワラ、なんいよっつか!」っとおごらるるきん、さっきの言葉は冗談で( ̄∇ ̄)

image

東九州伊勢えび海道も町おこしから始めたイベントでもう十一年…
この先も、初心を忘れずに続けていき、自分の倅にも自分の思いが伝わるといいなぁ~

って自分は独身じゃった^_^;

桃源郷岬

こんにちは、休みの今日は曇り空ですが( ̄。 ̄;)桃源郷岬へ(ノ^^)ノ

image

image

しかし、平日じゃとに北九州ナンバーの大型バスが二台に鹿児島、熊本ナンバーの車が多い^_^;スゲーわ!やるなっ!桃源郷岬ヽ(^0^)ノ北浦も頑張るぜぇ~

image

ほて、桃源郷岬の入り口でお土産物を販売する二人の北浦人と会う、ありゃりゃ何でここにおると?
まっ、いっか!とアジサイ見学…イヤイヤ良くない(^-^;)北浦の商売人を北浦で商売させるぐらい、北浦にもお客様を呼ばなければ(゚Д゚;)ダメでしょ…_| ̄|○

image

アジサイなどから癒やされ入り口に戻り、北浦のお二人とツータン(井戸端会議)です。

image

そんで、お二人から言われました「お前どんが北浦にもこげんの作らんか、今からはお前どんみてーなわけーしが北浦を作らんとダメじゃ!俺どんがバックアップするきん!北浦を盛り上げちくり」と、嬉しい言葉じゃった(T^T)今まで仲間達と北浦の事を考えてやってきた事が、回りの人達に少なからず理解されちょるっちゃと(ノ^^)ノ…と、同時に食だけじゃねーで、観るとこをこさえて人を呼び込まんとわりーっちゃなと(^_^)また新たな課題が出ちきた!楽しくなってきたどぉ~北浦( ̄∇ ̄)

image

image